HOME > インストラクター紹介 > 歌手を目指したきっかけ

インストラクター紹介

< メジャーデビュー決定  |  一覧へ戻る  |  PFLボーカル教室インストラクター MIKI >

歌手を目指したきっかけ

アイドルになりたい!

とにかく物心ついた頃から歌ってましたからね。近所に同じ世代のの子どもがたくさんいたので、みんなを集めては「リサイタル」開いてました。(笑)
その頃の歌謡曲をよく歌っていて、結構人から褒められることが多かったんで、それがだんだん自信につながったんでしょうね。
「スター誕生」などのオーディション番組もずっと観ていたので、10代の頃は漠然と「アイドルになりたい!」って思っていました。
秘かにオーディションに応募したりもしましたが、ただウチは両親がとても厳しかったもので、一次審査通過の連絡が来ただけで"鬼"のように怒られて、 結局いつも断念していましたけど・・・ それでもやっぱり高校・専門学校時代も、ホームルームや謝恩会などで歌わされたりと、アイドル気分は続いてましたね。(笑)


20歳になって三菱商事に就職しまして、順風満帆なOL生活が始まったんですけど、やっぱりそこでも「歌好き」は治まらず・・・ 入社1年目にして全社内カラオケ大会で優勝!それがあっという間に社内に広がって「ウチのバンドでボーカルやらない?」っていうお誘いをたくさんいただくようになり、 ここで初めて「ボーカル」というものに目覚めた訳です。20歳過ぎてからですよ、バンドをやり始めたの。歌は10代のころからやってましたけど。珍しいくらい遅いですよね・・・(笑)

で、最初は当然コピーバンドからスタートして、しばらくは知り合いの結婚式で演奏したり楽しくやっていたんですが・・・ だんだんそれだけでは満足できなくなってきちゃったんです。
やはり商社マンの趣味バンドだから、時間的にもレベル的にも不満を感じるようになり、生意気にも「もっと本格的にバンド活動したい!!」って思ってしまいました。

ただ困ったのはそこからですよね。本格的に・・・って言っても、右も左もわからない。
その頃はネットも普及してない時代ですから、情報収集もできないし、とりあえず都内の楽器屋さんやライブハウスなどに行って「ボーカル探してませんか?」って 聞きまわりました。今から思うと無謀ですよね~ で、そうこうしてるうちに、「音楽雑誌のメンバー募集欄に載せたら?」というアドバイスをもらって、早速「Player」という雑誌に 「カッコ良くてセクシーなボーカルやります!」な~んて載せちゃったんですよ。
考えてみたら、これが今でもこだわっている私のコンセプト「COOL & SEXY」の原点ですかね・・・(笑) そうしたら思った以上に反響があって、「是非ウチのバンドで歌ってください!」という封書が30通くらい来たんです。

そこから面接みたいな形で何人かに会って、その中に「BON CHIC」のリーダー"MONK"がいました。
元々彼らはギター・ベース・キーボードの男3人編成で活動していて、MONKがボーカルをやっていたのですが、女性ボーカルを入れたくて連絡をくれたみたいです。
早速デモテープをもらったんですけど、今まで会った人たちとは明らかにレベルが違って、かなり完成度も高く、しかもプロ志望!
リハに入って、向こうも私の歌を気に入ってくれたので、一緒に組むことになりました。

< メジャーデビュー決定  |  一覧へ戻る  |  PFLボーカル教室インストラクター MIKI >

このページのトップへ