HOME > インストラクター紹介 > 歌(音楽)って何?

インストラクター紹介

< 向上心を常にもつ  |  一覧へ戻る  |  メジャーデビュー決定 >

歌(音楽)って何?

私にとって"歌"は、「人生になくてはならないもの、自分の生きる意味」だと思っています。

BON CHICでデビューしたあと何年か活動しましたが、やはり思うように売れなくなって事務所との契約も切れ、 それでもなんとかまた1から立て直そうとしたけれども、もがけばもがくほどうまくいかず、結局BON CHICも自然消滅・・・ あの頃はもう何もかもがイヤになって、あれだけ大好きだった歌も、全然楽しくなくなってしまったんです。
「もう2度と歌わない!」と、すべてを捨てました。
それからは音楽を聴くことさえ苦痛になってしまい、結局10年間、音楽とは無縁の生活をしていましたね。


そしてそこから、歌以上の生き甲斐を見つけようと、"自分探し"が始まった訳です。
しかしもうその頃は30歳を過ぎていたので、何を始めるにしても年齢制限が邪魔をするんですよね(笑)。
それでもなんとか面接をクリアして、ウエイトレス、販売員、派遣社員、エステティシャン、WEBデザイナーなど、やってみたいと思ったことはほとんどやりました。
当然周りは若い人ばかりです。
ただトシのせいにはしたくないので、すべて必死にやっていました。なんとか歌以上のものを見つけるために・・・

でも結局、見つからなかったんです・・・
どの仕事もある程度のレベルまでは到達するんですが、やっぱり歌ってた頃の「心の充実感」を得ることができなくて、なんとうつ病になってしまったんです。
もちろん原因はそれだけではないと思いますが、仕事はもちろん、普通の生活さえもままならないほどになってしまい、1年ほど寝たきりになってしまいました。
あの時の苦しみは、今でも忘れられないですね・・・ その後、家族や周りの人たちのサポートのおかげでなんとか少しずつ楽になってきて、まだ身体は動かない中、頭のどこかで「このままじゃいけない!」 「このまま人生を終わりにしたくない!!」と、切実に思ったんです。

そこで、「やっぱり私には歌しかない!」と確信しました。
10年間いろいろ探し続けてみたけれども、結局、歌以上のものは見つからなかった・・・ けれど、その10年間は決してムダではなかったんです。それがなければ、歌の素晴らしさを再確認することはできなかったですから。
一度は捨ててしまいましたが、再び歌の世界に戻ってきて、今はまた昔とは違う充実感を味わっています。
けっきょく一回やめたことがよかったんですよね そこでほんとに歌い方忘れちゃってたので一回またやり直して基本からやり直していったので 前より全然しっかりしてるし、たぶん昔の歌い方で今のバンドは絶対喉つぶして歌えなかったと思う たぶん歌い方が確立できたんで、この歳まで歌い続けられてるのかなーってすごい実感してます だからそれをほんとに一番教えたい。
いくつになっても声って出るものだし、逆に鍛えてないとどんどん衰えるってことはくるとみんな実感するので!   若い頃はただ「上手く歌いたい」という想いだけでしたが、こうして様々な経験を積んできた今は、「教える喜び」「伝える喜び」も加わって、 ますます私の人生になくてはならないものになっていると思います。

歌を上手に歌うってことはものすごく大変なことで、ゴールがないんですよね。
で、たまたま上手に歌えたなーって思ってもいつ喉壊すか分からない ちょっと体のちょっと異常があるだけで声が出ない、ベストの声が出ない。
1日でも休むと、やっぱりだめなんですね やっぱり戻っちゃうんですよ、微妙に違うんですよ。
かと言ってやりすぎちゃうとだめで、そのころあいがいまだによくわからない。
毎日ベストの声を出すためだけに私は生きてるんですけど(笑) それをいつも考えてるからめちゃくちゃきついですけど、それをやっぱりステージで満足いく歌が歌えた時の喜びは何にも代えられないですね。
歌が歌えるから生きていられる・・・と言っても過言ではないかもしれませんね。


< 向上心を常にもつ  |  一覧へ戻る  |  メジャーデビュー決定 >

このページのトップへ