HOME > インストラクター紹介

インストラクター紹介

PFLボーカル教室インストラクター MIKI

PFLボーカル教室インストラクター
MIKI

1987年、Vo.MIKI、Bass.MONK、Key.DADAにより「BON CHIC」結成。
その後、オリジナル曲を作成しながら、渋谷「TAKE OFF 7」などのライブハウスにて、月1回ライブを行い、各種オーディションに応募を続ける。 1990年、本牧アポロシアターでのオーディションで優勝し、メジャーデビュー決定。
(レコード会社:ハミングバード、所属事務所:渡辺音楽出版) シングル「EMERGENCY」、アルバム「EMERGENCY」にて、デビュー。
某ライブハウスにて、デビューイベント開催。
1991年、吉田栄作主演ドラマ「もう誰も愛さない」主題歌の日本語バージョン、シングル「とどかぬ想い」のリリース決定。同時に、同曲収録の2ndアルバム「BON CHIC II」をリリース。
また、同年の第24回有線放送大賞新人賞に選ばれる。 2011年、現メンバーのギター、ベース、ドラムスとバンドとして結成し、現在に至る。

MIKIその他の活動について

「BON CHIC」時代、作詞家として、マルシア/バースデイスーツ等に作品提供。
バックコーラスとして、浅香唯のアルバムに参加。


歌手を目指したきっかけ

アイドルになりたい!

とにかく物心ついた頃から歌ってましたからね。近所に同じ世代のの子どもがたくさんいたので、みんなを集めては「リサイタル」開いてました。(笑)
その頃の歌謡曲をよく歌っていて、結構人から褒められることが多かったんで、それがだんだん自信につながったんでしょうね。
「スター誕生」などのオーディション番組もずっと観ていたので、10代の頃は漠然と「アイドルになりたい!」って思っていました。
秘かにオーディションに応募したりもしましたが、ただウチは両親がとても厳しかったもので、一次審査通過の連絡が来ただけで"鬼"のように怒られて、 結局いつも断念していましたけど・・・ それでもやっぱり高校・専門学校時代も、ホームルームや謝恩会などで歌わされたりと、アイドル気分は続いてましたね。(笑)


歌手を目指したきっかけの続きを読む

メジャーデビュー決定

私が入った時にはすでに彼らのライブが決まっていて、リハも始まっていました。
そこで、せっかくだから私も出演しないかという話になったんですが、もうある程度3人で完成されていたし、ましてやオリジナル曲は間に合わないし・・・ 結局、彼らのライブに私が3曲だけゲスト出演という形になりました。
3曲ともマドンナのコピーで出演したんですが、それが私の人生初ライブですね。
しかもそのライブ、なんと高円寺だったんですよ!奇遇ですよね。今思うとビックリです。(笑)

ファーストライブ終了後、いきなりどこかの事務所の方から「是非オリジナル曲も聴いてみたい」と名刺を渡され、 まだ若かったし「最初のライブでいきなりスカウト??」みたいな感じで、当然みんなで有頂天になってしまって・・・ そこからはもう、プロになりたい一心でしたね。
その後、ギターが抜けて、ボーカル・ベース・キーボードの「BON CHIC」結成です。


メジャーデビュー決定の続きを読む

歌(音楽)って何?

私にとって"歌"は、「人生になくてはならないもの、自分の生きる意味」だと思っています。

BON CHICでデビューしたあと何年か活動しましたが、やはり思うように売れなくなって事務所との契約も切れ、 それでもなんとかまた1から立て直そうとしたけれども、もがけばもがくほどうまくいかず、結局BON CHICも自然消滅・・・ あの頃はもう何もかもがイヤになって、あれだけ大好きだった歌も、全然楽しくなくなってしまったんです。
「もう2度と歌わない!」と、すべてを捨てました。
それからは音楽を聴くことさえ苦痛になってしまい、結局10年間、音楽とは無縁の生活をしていましたね。


歌(音楽)って何?の続きを読む

向上心を常にもつ

どん底にいた時、とりあえず歌おうと思って歌い始めたら十何年ブランクがあったのでまったく声が出なくて。ほんとにもう自分でも毎日泣くぐらい。
私の唯一の取柄だったのにそれもダメかと思って、どん底の状態を少しでも良くするために歌を選んだのにその時は歌でもダメだったんです。
だからほんとにもう私人生終わりかもしれないと思いました。

ただでもそのときあきらめないでボイトレ始めようと思って探してたんですけど、ボイトレお金払って習うんだったら自分でとっちゃったほうがいいじゃんと思ったんで、そっちのほうでインストラクター募集っていうのを探してそれを受けて・・・。


向上心を常にもつの続きを読む

PFLボーカル教室

スクールをやってよかったこと

労力を使うし神経も倍以上使うので、大変は大変なんですけど、ここ来る人って私の教え方を100パーセント信じてきてくれて、それが伝わってずっと通ってきてくれてる方がいるので、それを伝えられた時の喜びとか、実際生徒さんの声が変わったときとか。

一人で海外行っちゃった人とかね。

とりあえず覇気がない、引っ込み思案だったのが声が出るようになったらすごく楽しくなっちゃって、一人でインドに旅行に行ってきます、3か月間とか(笑)
今度私派遣で働くことになりましたとか(笑) すべてがいい風に向かってますとかね(笑)


PFLボーカル教室の続きを読む

Peach Flavor Lips

Interview

Peach Flavor Lips
ボーカル:MIKI
ベース:PEACH

Peach Flavor Lipsの魅力って何ですか?

PEACH
年寄りの若者に負けないパワー(笑)それがまず第一(笑)
メロディーのない曲ばっかりに今なっちゃってる世界に、デビューとか売れようってことを目的に今の楽曲を作らずに、わざと昔の歌謡曲のメロディーにそのころ流行ってたロックをのせてるんで、すごく歌がメインのメロディアスなロック。
今絶対流行んないんだけどそこがうりですね(笑)  

MIKI
あたしはとにかくメロディーがよくないと絶対やだし、自分で歌うんだったら絶対メロディーが主体なのでそこは譲れない。
で、自分でメロディー作ってるんですけど、うん、そゆのを全部出すと納得してもらってる・・・のかな?(笑)  

PEACH
うん、でも、みんなバックバンドとかをやってた人間だったので、メロディーがくると、そのメロディーに合わせて自分が何かしようと思うんですけど、今の打ち込みだーああいうのって、楽曲に文字をはめ込んでるだけなんだよね。
それがないっていうのが全員一致してたから、みんなバラバラなんだけどやったらそうなっちゃったみたいな(笑)

MIKI
逆に今の曲を作って言われても作れないかもしれないね。
メロディーが、ほんとに伴奏だけみたいなイメージなんです、ほんとに私は(笑) で、しかも今の曲はしゃべってるようにしか聞こえないんです。
伴奏で何かしゃべってるっていう曲ばっかりのイメージなんですね。
それって私にとってまってたく音楽じゃないし、なんの魅力もないので、あえてこういうかたちをやってるんですけどね。
ただ今のが流行ってる若者とかにはうちらのほうが理解されないですよね。

昔はいい曲あったよねっていうことですよ(笑)


Peach Flavor Lipsの続きを読む

このページのトップへ